Lenovo ideapad yoga13 に Debian stretch をクリーンインストールしてみた

PC
スポンサーリンク

Linux に興味を持ち始めてもう10数年経ちます。

僕は当初から Debian を愛用していますが、今回新たなバージョンの Stretch がリリースされたので、今回せっかくなのでクリーンインストールをすることにしました。

今僕が使用しているノートパソコンは Lenovo ideapad yoga13 です。

このパソコンに新しく stretch をインストールしていきます。

[q3-adsense01]

スポンサーリンク

インストール前準備

用意するもの

  • USBメモリ … Debian stretch の起動ディスクを作成します。
  • LANアダプタ … インストール時に無線LANが認識されないので有線LANを使います。
  • LANコード … インストール時のネットワーク確保のために必要です。
  • 時間 … 少し時間がかかりますので十分な時間を確保してください。

USBメモリの認識名を調べる

USBメモリをPCに指したときに認識されるデバイス名を確認しておきます。

このデバイス名を使ってOSイメージをUSBメモリに書き込みます。

僕はUSBメモリを指して、dfコマンドで確認しました。

~$ df
ファイルシス 1K-ブロック     使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda5      104546496 38919140 60293596   40% /
udev               10240        0    10240    0% /dev
tmpfs            1615036    25896  1589140    2% /run
tmpfs            4037588    49244  3988344    2% /dev/shm
tmpfs               5120        4     5116    1% /run/lock
tmpfs            4037588        0  4037588    0% /sys/fs/cgroup
tmpfs             807520        8   807512    1% /run/user/118
tmpfs             807520       28   807492    1% /run/user/1000
/dev/mmcblk0p1  15506840 14677140    18948  100% /media/namotch/SD
/dev/sdb1         296960   296960        0  100% /media/namotch/Debian 9.0.0 amd64 n
~$ 

/dev/mmcblk0p はSDカードスロットに入っているSDカードです。

/dev/sdb が今回イメージを入れるUSBメモリです。

もう Debian9.0 が入っていますが、今回新しく 9.1 を入れます。

OSイメージのダウンロード

今回はこちらからダウンロードしました。

Debian インストールCD/DVDイメージ - cdimage.debian.or.jp

色々な環境に合わせたイメージがありますが、自分に合ったイメージをダウンロードします。

そのままリンクをクリックする、又は wget でダウンロードします。

~$ cd ~/Downloads
~/Downloads$ wget http://cdimage.debian.or.jp/9.1.0/amd64/iso-cd/debian-9.1.0-amd64-netinst.iso

僕は Downloads ディレクトリにダウンロードしました。

場所については、環境に合わせて変えて下さい。

USBメモリに書き込む

調べたデバイス名を使ってUSBメモリに書き込みます。

sudo ではできなかったので、suroot になって作業しました。

~Downloads$ su
パスワード:
/home/namotch/Downloads# cat debian-9.1.0-amd64-netinst.iso > /dev/sdb
/home/namotch/Downloads# sync

sdb1 の数字部分はつけないでください。

イメージの書き込みができたら準備完了です。

インストール

起動セッティング

2つあるUSBスロットにそれぞれ、USBメモリとLANアダプタをセットします。

LANの線をつなげたら準備完了です。

OSイメージの起動

この状態で電源を入れると、USBメモリ内のインストール画面が起動します。

もし起動しない場合は、BIOS の起動順番の設定を確認してください。

僕はいつも細かい設定を確認しているので、「Advanced options」を選びます。

Expert install」を選び、インストール開始です。

インストール

ここからの細かいインストール方法は、こちらのマニュアルを見ながら進んでください(笑)

インストール完了後、再起動したら完了です。

ログイン後の初期画面です。

 

[q3-adsense01]

OSインストール後の設定

OSインストール後に僕が必ずする設定です。

sudo のインストール

インストール時の項目によっては最初から入っていることもありますが、僕の環境では入っていませんでした。

su でルートに入ってインストールします。

~$ su
パスワード:
/home/namotch# apt-get update
/home/namotch# apt-get install sudo
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています 
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
 sudo
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1,055 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,108 kB のディスク容量が消費されます。

続いて、sudo を使うユーザを設定します。

/home/namotch# visudo

sudo を使いたいユーザを追加します。

%sudo の行をコピーしてユーザを書き換えてください。

# Allow members of group sudo to execute any command
%sudo ALL=(ALL:ALL) ALL
%namotch ALL=(ALL:ALL) ALL

※注意!!本当はユーザに割り振る権限を細かく設定します。セキュリティに気をつけてください。

保存したら完了です。

Chromium のインストール

僕はいつもブラウザは Chrome を使っています。

しかし、最近は Chromium を使うようになりました。

僕が選んだ理由としては、

  • Debian のパッケージに入っている。
  • セキュリティがしっかりしている。

という単純な理由です。

(青い色も意外と好きです)

インストールは簡単、apt-get で一発です。

Chromium 本体と日本語パックを同時にインストールします。

~$ sudo apt-get install chromium chromium-l19n
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
提案パッケージ:
  chromium-shell chromium-driver chromium-widevine
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  chromium chromium-l10n
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
53.5 MB 中 2,773 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 210 MB のディスク容量が消費されます。

使い方は Chrome と同じです。

wifi の設定

wifi を使えるようにする設定はこちらの記事で書きました。

Lenovo ideapad yoga13 の Debian で wifi を使えるようにしてみた

デフォルトディレクトリを日本語から英語へ変更する

コマンド使うときに困るのが日本語ディレクトリです。

いちいち変換するのが面倒くさいので、英語表記に変更します。

これも次回以降の記事で書きます。

さいごに

久々にクリーンインストールをしました。

まだ、jessie からどのように変わったのかわかりませんので使っていくのが楽しみです。

いろいろなソフトのバージョンも上がっていますので、色々やりたいことが出てきました。

これからどんどん自分好みにカスタマイズしていきます。

 

[q3-adsense01]

コメント

  1. […] Lenovo ideapad yoga13 に Debian stretch をクリーンインストールしました。 […]