HelloTalk をやり始めて分かった、英語でのあいさつの仕方

英語
スポンサーリンク

HelloTalk を初めて一週間が経ちました。

いろいろな人と会話するようになり、わからないながらも検索を駆使してなんとか話をしています。

ところで、英語が苦手な初心者はまずは最初のあいさつから迷います。

どう言ったらいいんだろうかと悩むんです。

HelloTalkで交流してわかったあいさつはすごく簡単でした。

きちんと話さないととか、難しく考えすぎていたことがわかったんです。

今回は、相手がどういうあいさつをしてきたのかをまとめてみました。

このあいさつをしておけば、最初のつかみは大丈夫です。

というか、何だこんなことか常識だし知ってるよと思うくらい簡単ですよ。

スポンサーリンク

相手から来たあいさつ

では、まずは一覧にしておきます。

  • Hello !
  • Hello Nice to meet you
  • Hello brother nice meeting you here
  • How are you ?
  • How are you doing dear friend ?

Hello !

これ、シンプル(笑)これだけでいいんです。

こんなの全員言えるでしょ。
言えない人はいないです。

とりあえず Hello ! って言っておけば話は続きます(笑)

Hello Nice to meet you

これもよく聞きますね。

でも、知っていても使わないととっさに出てこないものです。

ちなみに、このあいさつが一番多かったです。
殆どの人がこれでした。

このあいさつの返答も簡単です。

  • Hello Nice to meet you too.

同じって言っておけば間違いないです(笑)

あいさつはこれを使っておけば良いんじゃないでしょうか。

難しく考えずにコピペで十分ですね。

Hello brother nice meeting you here

進化系ですね。

より親しみを込めて言っています。

ブラザーですよ。

初対面なので言ってくる人はあまりいなかったですが、
話しているうちに、このあいさつをしてくる人はいましたね。

How are you ?

これもみんなが知っているあいさつですね。

nice to meet you よりは少なかったです。

返答は定番なあれです。

  • I fine
  • Great !
  • Good !

fine より、Good / Great の方が一般的なようです。

元気があるみたいですよ。

How are you doing dear friend ?

これも親しみを込めた言い方ですね。

親近感がある時に言ってくる感じですね。

仲良くなると、使ってくるイメージです。

僕が感じたオススメのあいさつ

圧倒的に多かった、

  • Nice to meet you

をおすすめしておきます。

というか、相手からのあいさつが圧倒的にこれでした。

まとめてみれば、こんなことだと思っていても、
実際にはそれすら頭に浮かぶことができません。

実際に外国人と話すということの経験を得ることができるので、
本当にHelloTalkはおすすめですのでやってみて下さい。

英語
スポンサーリンク
なもをフォローする
スポンサーリンク
Q3

コメント