さくらVPS Debian jessie に Ruby 2.4.3 を入れてみた

PC
スポンサーリンク

さくら VPS には Debian jessie が入っています。

そしていまだに aptitude で管理しています。

~$ ruby -v
ruby 2.1.5p273 (2014-11-13) [x86_64-linux-gnu]

今回、Ruby のバージョンが古くて困ることがありましたので、バージョンを上げることにしました。

[q3-adsense01]

スポンサーリンク

Ruby のアンインストール

パッケージ版の Ruby を先にアンインストールしておきます。

残したい場合は、アンインストールはしなくてもいいです。

~$ sudo aptitude purge ruby
[sudo] password for motchalini: 
以下のパッケージが削除されます:          
  ruby{p} ruby2.1{u} rubygems-integration{u} 
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 3 個、保留: 0 個。
0  バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 400 k バイトのディスク領域が解放されます。
先に進みますか? [Y/n/?] 

Ruby 関連パッケージのインストール

関連パッケージのインストール

まずは必要であろうパッケージをインストールします。

~$ sudo aptitude install libffi-dev zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libgdbm-dev libbison-dev

Ruby ファイルのダウンロード

作業場所は、.make にしました。

~$ mkdir .make && cd .make
~/.make$

https://www.ruby-lang.org/ja/ から 2.4.3 を選択しました。

~/.make$ wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.3.tar.gz
~/.make$ tar zxvf ruby-2.4.3.tar.gz
~/.make$ cd ruby-2.4.3
~/.make/ruby-2.4.3$

Ruby のインストール

このままビルドしていきます。

ログが取れなかったので作業手順だけです。

~/.make/ruby-2.4.3$ ./configure
~/.make/ruby-2.4.3$ make
~/.make/ruby-2.4.3$ sudo make install

終わったらバージョンの確認をしてみましょう。

~$ sudo ruby -v
ruby 2.4.3p205 (2017-12-14 revision 61247) [x86_64-linux]

これで完了です。

さいごに

今回は簡単にまとめましたが、そろそろ VPS の jessie をなんとかしたいですね。

管理が大変になってくる前に、はやく stretch にアップグレードをしたほうがよさそうです。

 

[q3-adsense01]

コメント