Googleスプレッドシート関数の使い方:基本編

PC
スポンサーリンク

Googleスプレッドシートをよく使います。

Excelと一緒で、計算式を入れると自動で計算してくれるので便利ですよね。

その関数の種類が多いので使い方別でまとめました。

今回は、関数の使い方について簡単に解説しています。

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートとは

GoogleスプレッドシートとはGoogleが提供している表計算ソフトです。

Googleアカウントを持っていれば、Webブラウザで誰でも無料で使うことができます。

Google スプレッドシート - オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス
パソコン、スマートフォン、タブレットのどこからでも新しいスプレッドシートを作成して、他のユーザーと同時に編集。インターネットに接続していなくても作業を継続でき、Excel ファイルも編集できる、Google の無料サービスです。

Googleスプレッドシートの関数

表計算ソフトで必須なのは計算ですね。

Googleスプレッドシートも関数を使って計算をしていきます。

単純な計算

まずは単純な計算からです。

よくある表ですね。

金額のところに単価と個数をかけた金額を入れていきます。

=B2*C2

 

1. [=]を入力します。

 

2. [B2]を入力、またはB2のセルをクリックします。

 

3. [*]を入力します。

 

4. [C2]を入力、またはC2のセルをクリックします。

 

5. エンターで確定すると、計算値が表示されます。

 

スポンサーリンク

関数の使い方

関数の使い方はとても簡単です。

合計に金額の合計を計算して入れてみましょう。

合計を計算する関数は SUM関数です。

=sum(D2:D5)

 

1. [=]を入力します。

 

2. [sum]を入力します。

 

おっと、もう候補が自動で出てきましたね。

このまま選択すると、計算式を入れてくれます。

やりたいことを先回りして提示してくれるGoogleはすごいですね。

今回は、この候補を使わずに手動で入力していきます。

 

3. [(]を入力します。

今度は計算関数の使い方が表示されました。

 

4. [D2:D5]を入力、またはD2からD5をドラッグして選択します。

 

5. [)]を入力します。

 

6. エンターで確定すると、計算値が表示されます。

まとめ

今回は、関数の使い方を簡単に解説しました。

次回から、目的別関数の使い方をまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメント